転職体験記!私が行政書士になるまで

~年収アップへの道~

Example pic

分かりやすさ重視のフォーサイトだから合格が実現!

さて、ここまでは、晴れて行政書士試験合格を掴んだ私自身の体験記を皆さんにお読みいただきました。おそらく、「こんなどうしようもないヤツでも合格できたんだから、自分もイケるのでは?」と思われた方も少なくないと思います。
そうです。行政書士試験は法律の知識ゼロ、しかもこれまで一生懸命勉強をした経験のないような人でも、合格できる試験なんです。
確かに、合格率一桁の難関国家資格に合格するのは容易なことではありませんが、決して無理ではありません。「現状を変えたい!」という方にとって、行政書士資格は必ず切り札になるはずですから、目指さない手はないと思います。

 まったく法律の知識を持たない自分が、なぜ幸運にも2度の挑戦で行政書士試験に合格できたかと言えば、それはやはり「相応しい教材との出会いがあったから」であると言っても過言ではありません。

一般的に、行政書士試験対策の教材というと、
・小難しい法律用語で意味不明
・無駄にボリュームたっぷり、しかも字が細かい
・試験範囲が膨大過ぎて心が折れそう
などのイメージが強いと思います。

しかしながら、私が受講したフォーサイトの行政書士試験対策講座は、このような巷のイメージとは相反するものでした。
まず、「テキストが全く難しく感じられない」というのが驚きです。法律特有の読みにくさがなく、法初学者でも無理なく解釈できる様、しっかり噛み砕いて説明がされているので、重要ワードがどんどん頭に入ります。
また、「テキストが薄型でコンパクト、しかも図表やイラストたっぷり」という点も、他とはまったく異なっています。
フォーサイトのコンセプトとして「出題される箇所だけを効率良く学ぶ」というのがあり、テキストとしても試験範囲すべてを網羅するのではなく、あくまで出題頻度の高いポイントだけがおさえられているというわけなんです。
テキストで十分に解説しきれていない箇所については、講義でしっかり触れられているので、コンパクトなテキストでも何不自由なく、安心して学習を進めることが出来ました。

 フォーサイトの行政書士試験対策は、すでに法律の知識が十分な受験生にとっては、もしかしたら少々物足りなさの感じられる教材かもしれません。
しかしながら、知識ゼロからのスタートだった私にはむしろ、「フォーサイトだからこそ合格できた」と言っても過言ではありません。
相性の良い教材との出会いは、合格を目指す上ではとても重要なんだと思います。