転職体験記!私が行政書士になるまで

~年収アップへの道~

Example pic

過去問対策は最重要、でも“ただ解くだけ”じゃダメなんです

過去の出題傾向に沿った取り組みがモノを言う行政書士試験対策において、過去問は「学習の柱」とするべく重要なツールです。
しかしながら、やはり過去問への取り組み方にもポイントがあり、ただやみくもに解いたのでは本試験で活きる応用力は育ちません


過去問演習は「どれだけ解いたか」ではなく「どこまで深めたか」が重要


過去問中心の試験対策を進めていると、どうしても「○年分解いた」「○問こなした」等、取り組んだ量ばかりを重視し、それを自信にしがちです。

ですが、重要なのはあくまで「過去問からどのくらいのことを学べたか」
どんなに数をこなしても、機械的にこなすだけでは、どの程度知識が頭に残っているか疑問です。

行政書士試験対策の過去問演習では、“量より質”を念頭に、問題一つひとつを掘り下げて学習していくことが重要です。
この問題では何を問うているのか、選択肢はそれぞれどのようなことを意味しているのか、誤りの選択肢についてはどこをどうすれば正確な選択肢となるのか等、細かいところまで丁寧に拾っていくことで、ひとつの問題から習得できることは通常の二倍、三倍にもなります。

行政書士試験では、稀に過去問がそのまま出題されることもありますが、大半は同様の論点を問う問題であっても過去の出題がリメイクされて出されます。
よって、試験対策上、“特定の問題対策”ではなく、どんな形で出されても正確に出題の趣旨を導き出せるよう“論点対策”を中心にすべきです。
そういった意味で、過去問はじっくり丁寧に、分析しながら解く必要があるのです。


焦りは禁物!


一問一問に時間をかけていると、取り組んでいる対策がなかなか前に進んでいないような気がして、焦りが感じられるかもしれません。
しかしながら、ここは「急がば回れ」
じっくり取り組んだ対策は、必ず本試験で活きる知識に変わります。
根気強く頑張りましょう!