転職体験記!私が行政書士になるまで

~年収アップへの道~

Example pic

「勉強が楽しい」、そう思える教材に出会えたならしめたもの

行政書士試験などのある程度の難易度の国家資格に挑戦するとなれば、誰しもその途中で「モチベーションの低下」に悩むこともあると思います。
やる気のアップダウンは、人間であればある意味仕方のない問題なのかもしれませんが、如何せん、やる気の度合いによっては受験そのものを諦めざるを得なくなるケースもあるためバカにできません。

 さて、私自身は晴れて行政書士試験に合格できたわけですが、そこまで勉強に対して一生懸命になれるような性格ではないと自覚しています。
むしろ、勉強辛い、勉強嫌いな私でしたから、正直、行政書士試験合格まで勉強をやり切ることが出来たのは奇跡であると言っても過言ではありません。
学生時代の学習と、今回の行政書士試験対策。両者で何が異なっていたかと言えば、それは「勉強が楽しいと思えるかどうか」だったように思います。
学生の頃の教科書はどれも無味乾燥で、到底面白いと思えるものではありませんでした。ですが、フォーサイトから送られてきた行政書士試験対策は、難しいはずの受験勉強が不思議と苦にならない、また明日も勉強したいと思わせてくれる内容だったんです。
具体的に、一般的な教科書とフォーサイトのテキストの違いを考えてみた結果、フォーサイトの教材には「イラストや図表を使い、目で見て分かりやすく解説されている」「解説が的を得ていて、シンプルなのに分かりやすい」「文字の大きさや行間が適切」「一冊一冊が薄型なのでやる気が出る」といった特徴がありました。
これらは総じて、“勉強が辛くならないための工夫”であると言えます。
辛くないから続けたくなる、明日の学習が楽しみになる。そんな好循環が、私を行政書士試験合格へと導いてくれたのではないかな、と思っています。