転職体験記!私が行政書士になるまで

~年収アップへの道~

Example pic

猛勉強の日々、そして合格

約8ヶ月間働きながら、猛勉強をしました。なんと運もよくこの年に合格できたのですが、プライベートな時間はほとんどなかったと思います。(私はやり方が極端すぎるのかもしれませんが)仕事から帰ってきて、食事と入浴を済ませ、20~24時くらいまでを勉強時間とし、休みの日には自宅か喫茶店で約6時間勉強しました。食事と睡眠、お風呂、仕事以外はほぼ勉強漬けの日々でした。

そういえば、残念ながら、当時付き合っていた彼女にはふられてしまいました(泣)デートといっても外ではなく、ほとんど家の中で、しかも私は常に勉強。テレビをつけてもフォーサイトの講義DVDを流すばかりで…。音楽をかけることも禁止していたほどです。勉強中は集中しすぎて、話しかけられても返事をしないこともしばしば・・・。ある意味、凄い集中力でしたね(苦笑)。

はじめは彼女も理解を示していてくれたのですが、温厚な彼女も試験にだけ没頭して、自分のことを全く気にかけてくれなくなっていく私に愛想をつかし、次第に疎遠になっていきました。今考えれば、もう少しやりようがあったと思うのですが、当時はそんな余裕も無く、なによりも勉強が楽しかった。一度目の勉強のときには無かった、「法律がわかってくる」という気持ちがあり、どんどん勉強にのめりこんでしまいました。

仕事はちゃんとやっていましたよ。ただ試験へのチャレンジは社長に同意を得て、周りにも公表しておきました。会社の同僚との食事は、ほとんど断っていましたから、付き合いが悪いとはよく言われていました。

フォーサイトのテキストはB5サイズでした。このサイズは持ち運ぶのに便利で、外出時は常に鞄に入れておきました。電車内の中や待ち合わせの待ち時間など、少しの空いた時間にはテキストを読んでいました。

会議の合間、5~10分の休憩時に問題集をやっていたこともあり、社長から「会議の時くらいはやめろ!」と怒られたこともありました。これからの人生で、あの時以上勉強することはないと思います。笑
仕事と勉強の両立は大変でしたが、物凄い充実感がありました。経験してよかったと思っています。

資格取得から2ヵ月後、会社を円満退職し、今は知り合いの行政書士事務所にお世話になっています。毎日が勉強の日々です。行政書士の仕事は、一見簡単そうなイメージがあるかもしせれませんが、やはりそんなことはありません。私も今は手探り状態です。まだ見習いですが、そこそこの年収はもらっています。一人前の行政書士として、来年中には独立開業し、年収1000万円以上稼ぐことが目標です。