転職体験記!私が行政書士になるまで

~年収アップへの道~

Example pic

徹底的に「学習中心!」、スキマ時間もしっかり活用

私を含め、行政書士試験受験生の大半が社会人であることから、皆さん「学習時間の確保」にはかなり頭を悩ませているのではないかと思います。 ダメダメな私が合格してしまったことで「行政書士試験なんて余裕!」と誤解される方もいらっしゃるかもしれませんが、この試験は生半可な努力では合格出来ないと思います。
行政書士試験は、100人の受験生の中から10人も受からない難関です。それなりに時間をかけてしっかり取り組んでいかなければ、結果を出すのは難しいのではないでしょうか。

 受験生時代、学習時間を確保する上で何を心がけたかといえば、「貪欲に時間を積み重ねること」です。行政書士試験に合格できるまでは、受験勉強が第一。
もちろん仕事はしっかりこなしましたが、それ以外の時間はすべて勉強の毎日。プライベートは100%、法律の解釈に費やしました。
そんなことをしていたら彼女に振られてしまった、という苦い過去がありますが、ともあれ試験に合格できたのだから悔いはありません。
そのくらい、行政書士試験対策に集中していましたし、人生におけるファーストプライオリティになっていたんだと思います。

 私が受験勉強を進める中で、「意外とバカにできないぞ」と感じたのが、「スキマ時間の存在」でした。例えば、通勤時間やランチタイム、休憩時間、待ち合わせ前の時間など、一つひとつをとってみれば大した時間とは言えなくとも、1日トータルで考えた場合には「結構な時間を確保できたな」と思えるくらい、スキマ時間は私たちの生活の中に点在しているものです。
私の場合、スキマ時間だけでも毎日2時間ほどはありました。これらを意識的に一問一答やワードチェックの時間に充てていましたから、それだけでもかなりの積み重ねになりましたね。

 兎にも角にも貪欲に時間を積み重ねること、これを心がけることで合格はぐんと近づくはずです。勉強勉強の毎日で時にはしんどくなりますが、私に出来たのだから皆さんもきっと大丈夫です。意識的に、学習時間の確保に努めましょう!